やりがいのある仕事なら給料が安くても問題ないですか?

やりがいのある仕事

やりがいのある仕事なら、あなたは給料が安くても問題ないですか?――そう聞かれたら、私は何と答えるだろう。

前にテレビでとある実験を行っていた。二つのグループに分かれてもらい、両方に同じ仕事を与えるが、片方には安い時給で、もう片方には高い時給で働いてもらう。そして実験期間が終わったときに、両方のグループに「やりがいのある仕事だったか」と聞いたとき、「はい」という答えが多かったのは圧倒的に時給の安いグループだったという。どうやら人は賃金的に割に合わない仕事をするとき、そこにやりがいを求めることで帳尻を合わせようとする心理が働くようだ。

つまり、給料が安いとき、やりがいあるわーという気持ちが少しは割り増しされるってことなんだろう。ということは、給料が高いときにはその気持ちは減るということなんだろうか。
(参考:個人的に肉じゃがはおかずにならないと思ってます

だけどビルゲイツや孫正義がつまらなさそうに仕事をしているイメージはないから、やっぱりその人の考え方が一番大きいんだろう。でもやりがいがあって、給料も高いという文句のつけようのない条件で働けるひとなんか、ごくわずかだ。やりがいもないし給料も安いけれど、それでも仕事があるだけありがたいと思いながら働いている人の方が圧倒的に多いはずだ。もう、そうなったら仕事に給料以外のものを求めるのはやめにして、プライベートを思い切り楽しむことに専念した方がいいという考え方もある。

でもなんだかんだ言っても、どんな仕事も一所懸命やっていれば、甲斐というものは絶対にあると思う。給料は自分でコントロールできないけど、仕事のやりがいというのは自分の気持ち次第でコントロールできるものだからだ。