結婚してもバレンタインにチョコをあげますか?

バレンタインのチョコ

中学2年生のとき、初めてバレンタインのチョコを手作りした。一学年上の先輩にあげるため、チョコレートを溶かし、ハートの型に入れて固め、自分でラッピングをしてメッセージを添えた。イケメンでクールな先輩に自分で渡す勇気はなく、友人に渡してもらったのだけど、ちゃんと受け取ってもらえたと聞いたときは、ほっとして泣いてしまったのを覚えている。帰って余ったチョコレートを食べてみたら、固くて固くてとてもじゃないけど噛めず、先輩がアゴをやられてしまったんじゃないかとハラハラしたというオチもあったけど、今となってはいい思い出だ。(ホワイトデーにお返しをもらえなかったのは、私に気がなかったせいなのか、石器みたいなチョコレートのせいなのかはわからない)

そんなことを今になってしみじみ思いだすのは、すっかりバレンタインデーにドキドキすることがなくなってしまったからだ。我が家では結婚してもバレンタインに夫にチョコをあげることにしているのだけど、そこにはときめきもドキドキもくそもない。
(参考:産後、骨盤矯正を受けたものと受けなかったものの確固たる差

朝お弁当を渡す延長でチョコレートを渡しているので、「あら、あなたお箸忘れてるわよ」くらいのテンションである。中2のときのあのドキドキの最中にいたときは、こんな思いはもうしたくないと思うくらいの緊張感があったけれど、あのときの緊張感が今は欲しいくらいだ。そして毎年思う。こんなにゆるーい感じで、夫にチョコレートをあげる意味あるのかなーと。他の家では結婚してもバレンタインにチョコをあげているんだろうか。とりあえずバレンタインにチョコを渡しておけば、ホワイトデーに普段食べられないような美味しい有名なお菓子が返ってくるという下心で夫にチョコをあげているけれど、それがなければきっとバレンタインもなくなるだろう。まあ、何だかんだと言いながら、夫にあげたチョコも半分は私の胃袋に収まるので、きっとこの慣習はだらだらと続いていくんだろう。