産後、骨盤矯正を受けたものと受けなかったものの確固たる差

骨盤矯正

小学校3年生にもなると、学校の授業も6時間目まであり、下校してくるのが遅くなります。私たちママの子育てもひと段落で、ママ友同士、ランチやお出かけの機会も自然と増えてきます。午後遅めの帰宅でもよくなったことで、今までやりたかったけど我慢していたことを、子どもの成長を機に始める人も多いです。私の場合は、エアロビクスです。産後太ってしまったこともありますが、子どもを通じて知り合ったママ友でエアロビクス経験者の方が居て、その人といつか一緒にエアロビクスに通おうと約束していたのです。やっとその約束が実現することになり、私たちは近場のスポーツクラブに通うことになりました。

しかし、待ちに待ったエアロビクスレッスンの初日、私は認めたくない事実を確認してしまいました。それは、ママ友と自分の、体型の違いです。エアロビのスタジオは全面鏡張りなので、思わず目を伏せたくなる自分の体型も、鏡を通してばっちり見えてしまいます。

横に並んだママ友と自分の体型の差は一目瞭然。産後、骨盤矯正を受けたものと受けなかったものの確固たる差を目の当たりにしてしまいました。産後太っても、少しずつダイエットして、体重的にはママ友ともそう差はないはずでした。しかし現実は、上半身はそれなりにスリムでも、腰が左右に張りだし、脚のラインもO脚気味。よく見るとウエストラインも左右で高さが違うようです。産後にしっかり骨盤矯正などのケアをしなかったことと、生活習慣からくる歪みが、ここまではっきりと自分の体型に現れていたなんて、私には知る由もありませんでした。

エアロビクス初心者の私は、それでなくても他の人たちより動きが遅くなり恥ずかしい思いをします。ターンを決めるのも他の人と反対回りをしてしまったり失敗続きなのに、正面を向いて鏡に映った自分の姿は本当にみっともなく、このまま続けて行けるのか、すっかり自信を無くしてしまいました。